生活の雑記帳

ikkokukan.exblog.jp
ブログトップ

さざれ石

先日、三本木神明社(日進市三本木町廻間129番地)を訪れた。神明社境内の広い敷地には多くのお社が建立されている。そのことからも、三本木神明社はこの地域の守り神としての役割を大きく果たしている事が分かる。

また、この神社境内には、戦没者を祀る忠霊社があり、さらには日清日露戦争時の紀念碑が2基建立されている。そんな碑の間に「細石(さざれいし)」があった。たまに見かけるが神社にあるそこそこ大きいものを久しぶりに見た。

さざれ石は、『君が代』の歌詞にも出てくるけど、案外見たこと無いって人が多い石でもある。さざれ石は、細石と書くように、小さな石のことであるが、『君が代』で歌われるさざれ石は、長い年月をかけて小さな石が石灰質の作用などでまとまった塊となったものを歌っている。


『君が代』が出たのでもう一つ。『君が代』の歌詞の元になったもの和歌をご存じだろうか。平安時代、醍醐天皇の勅命により作られた勅撰和歌集、『古今和歌集』にその歌詞の元となった和歌が収められている。


  わがきみは ちよにましませ さざれいしの
            いはほとなりて こけのむすまで


大意
あなたは、千年も万年も長く生きてください。小さな石が大きな石となって苔が生えるほど長い先まで。


この歌は、巻第七 賀歌の最初に、「題知らず、よみ人知らず」として撰ばれており、初句と二句以外は『君が代』と同じである。後の写本などでは、現在知られる「きみかよは ちよにやちよに」となってくる。時代的に室町時代あたりからのものからはそうなっているようで、その辺りの時代には現在の『君が代』の歌は詠まれていたようだ。
本来、和歌で「君」という表現は好意をよせる相手に対してのもので天皇を指すものではないが、時代の中で天皇の存在をより強く伝えるため、勅撰和歌集の中に、天皇を意味を匂わせる「君」という表現のこの歌を(手直ししたのか、意を合わせたのか)後世に伝える事となったようである。


さて、難しいことはさておき、こうした事からも普段和歌になじみのない人でも、日本人なら誰もが知る『君が代』を知っていれば、和歌を1首は覚えていることになる。そんな、歌に詠まれた「さざれ石」も結構近くで目にしてるのかも知れない。

偶然に「さざれ石」境内で見つけ、徒然と書き綴る。


  したたりし汗を拭いし参道に いかがあらんやさざれ石 (筆者)



d0058658_21023423.jpg

d0058658_21023060.jpg






[PR]
# by ikkokukandesu | 2017-08-19 21:06 | ぶらっと | Trackback | Comments(0)
5日(土)、岐阜県関市板取(いたどり)にある根道神社に行ってきた。この神社の境内には、通称「モネの池」と呼ばれている池がある。その辺りまで行く機会があったので、ちょっと脚を運んでみた。
岐阜市の方から関市へ向かい板取川沿いの道を進んでいくと、鮎釣りやキャンプを楽しむ人達があちこちにいた。そんな中、「モネの池」○○㎞と書かれた看板が目に入る。これがうわさのやつかと思いながら、現地近くまで行くと車が増えてくる。一番近い駐車場は駐めれないだろうなと、200m程手前の第二駐車場に駐めた。
そこから歩いて行くと、遠くに見える根道神社のあたりに祭りでもやってるのかと言わんばかりの人の列が。そして、現地に到着。「お、これがそうか」と池をのぞく。わき水が注ぎ込みできた池らしく、透明度がすごい。池の底までよく見える。山梨の忍野八海を見たときも水が綺麗だなと思ったけど、こちらも透き通るような水だった。
d0058658_21043364.jpg

d0058658_21050760.jpg

d0058658_21081047.jpg
神社に来たわけだし、まずはやはり参拝しなければと階段を上がってお参りを済ませる。上から見下ろしても池の底が見えるくらい綺麗な池、そして、人だかり。
d0058658_21232464.jpg
階段を下りて噂の池を改めて撮影。確かに、睡蓮の花が沢山咲いていれば綺麗だろうなと思わせる装いの池である。鏡のように澄んだ水面には、景色なども映り込む。紅葉の季節もよさそうだな、などと頭によぎる。そんな中、この池の鯉の中でも人気者がいるようだで、周囲にざわめきが起こる。ハートの模様がある鯉が2匹ほどいるらしく、その1匹が目の前にきた。まわりの女性達が「ほら、あれあれ!」などと集まり「こっち向いて」と鯉の撮影会。それを知ってか、そっぽ向いて反対側に泳ぎ出す鯉、ちょっと面白い。

d0058658_21251783.jpg

d0058658_21240322.jpg

d0058658_21261205.jpg

余談だが、別件で立ち寄った生涯学習センターで、職員とこの池の話をちょっとした。根道神社の池は、元々はホタルがいて「ほたるの里」と呼ばれていたようだ。しかし、誰かが鯉をこの池に放流したところ、鯉が幼虫やらを食べてしまい、今ではホタルは全く見られなくなったそうだ。周辺の川では今でもホタルはいる。そんな中、たまたまここで写真を撮った人が、良さに気づいてそれが広がり、現在「モネの池」と通称で呼ばれるまでになったとのこと。鯉によって、ホタルは見れなくなったが、偶然の産物として、この地の観光名所ができあがったとのこと。ハート模様の鯉の存在も、女性人気に拍車をかけ今にいたるようである。

この日は天気にも恵まれて良かった。結構山の中なので、ツアーなどで雨の日に当たったら不運としか思えないだろうな。

さて、せっかくだし神社の池以外の写真。
この地の神社をそのあと、五社ほどまわったがほとんどの神社の狛犬がこの一対と同じような形式だった。
参道を上がり、向かって右側の口を開けている狛犬:阿形(あぎょう)は玉を左前脚に携え、左側の口を閉じている狛犬:吽形(うんぎょう)は右前脚に子供を携えている。
神社を参拝したときに、狛犬を見て、「口が開いてるこれが阿形で、閉じてるこっちが吽形だね」などと言えたら通だと思う(笑)。気づいてるかもだけど、阿吽(あうん)から来ている名称。ちなみに、シーサーや山門の像なども一対になってる場合も、阿形、吽形という。
d0058658_21263648.jpg

d0058658_21264137.jpg


口を開けてる狛犬:阿形

d0058658_21264540.jpg

口を閉じてる狛犬:吽形



d0058658_21262436.jpg
板取川 遠くに鮎を釣る人も見える

d0058658_21262965.jpg

道路脇の紫陽花も有名な板取


といった、ひぐらしの鳴き声と川の流れる音を聞きながらの根道神社参拝であった。


   青空を 水面に眺めし 夏涼み (筆者)

[PR]
# by ikkokukandesu | 2017-08-06 22:33 | ぶらっと | Trackback | Comments(0)

蝉の鳴く頃に

3年前の7月16日、時間はこの記事を書いている時間よりもう少し早かったかと思う。母から祖父が危篤との連絡があった。そして、1時間も立たぬくらいで再度母からの電話が鳴り、祖父が心不全で亡くなったと伝えられた。93歳であった。
亡くなる1年半ほど前に、転んで脊椎を損傷し、歩けなくなり入院を要するようになってしまった祖父であったが、病院に顔を出すと、「お、来たか」と笑いながら出迎えてくれ、気はいつもしっかりしていた。お盆の帰省の際には当然のように祖父に会えると思っていた。そんな矢先の出来事だった。

幼少の頃、私は母方の祖父のことを「セミのおじいちゃん」と呼んでいた。その頃、祖父の家には大きな柿の木やらがあり、夏になると沢山のセミが木にとまってミンミンと鳴いていて、妹弟や従兄弟達とセミを捕ったりして遊んでいた。そんなことから、私にとっては、セミが沢山いる家のおじいちゃん、そう「セミのおじいちゃん」だったのである。

毎年セミが鳴く頃には、おじいちゃんのとこでセミを捕ったな、などと子どもの頃の事をなんとなく思い出していた。3年前もそんな風に思っていた矢先に母から連絡があった。

セミが鳴くと幼少期を思い出す人生を送ってきたが、祖父が亡くなって以降は、幼少期の思い出と共に祖父と死を実感することになった。私にとって、幼少期の思い出だけでなく、大人になっても「セミのおじいちゃん」となった。

晩年少し耳が遠くなった祖父であったが、筆談混じりでのやりとりもよくした。朝から晩まで病院にいたときは、ノートが1冊なくなるほど(大きめな字を書くため)に書いたこともあった。そんな祖父が亡くなる前、母とのやりとりのなかで書いた言葉があった。


  なにもいうことはない りっぱなこと


その日、母に言うことがないから書いたことなのか、人生を振り返って言ったことなのか、今となってははっきりしないけれど、祖父が書いた最後の言葉はそれであった。長く入院しながらも、「今は満足である」とそのように自己評価できていた祖父の人間の大きさに、残された者は救われた気がした。

私も死ぬときに、そのように思って死ぬことが出来るのだろうかと自問自答するが、未熟な私には未だに答えは見つからない。ただ、そうありたいとは思う。

そして、これを書いてる今も、やはりセミはミンミンと鳴いている。


  雨上がり 祖父の思い出 蝉時雨 (筆者)


写真は、2年前ほどに撮った先祖のお墓がある福岡県朝倉市杷木の松葉地区。
一面に果樹畑が広がる。
朝倉市は災害により多くの被害があった。早期の復旧を心より祈る。

d0058658_6502725.jpg

[PR]
# by ikkokukandesu | 2017-07-19 06:54 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

ひさびさですが。

滞っていたこの数年、思えばいろいろな事があった。そういったことは、追々にでも。

この数日の大雨、ご先祖様のお墓がある福岡県朝倉市では多くの犠牲者がでて、お悔やみを申し上げると共に、早期の復旧を切に願うところである。親戚の家は何とか無事であったようだが、今後も続くであろう雨などによる二次災害が起こらないことを祈りたい。

話は大きく変わってしまうが、数日前のこと、ベランダで彩りが現れていた。毎年花を咲かせてくれるハイビスカスに今年はちょっとしたアクセントがあった。
ピンク色のハイビスカスの隣に、白い朝顔が咲いていたのである。とはいっても、朝顔が一緒に育っていたと知っていたことはここだけの話。種類は違えど、紅白がとても綺麗に咲き誇っていた。

ハイビスカスの鉢に土を足したときに、朝顔が咲いていたところのを使ったので、朝顔の芽が出だしたときに「種があったんだな」と気づいた。朝顔の芽を取ってしまおうかなと思った折りに、ふとこの歌を思い出したのである。

  朝顔に つるべ取られて もらい水 (加賀千代女)

この歌を詠んだのは、元禄時代、加賀国(現在の石川県)で生まれた女流俳人 加賀千代女(かがのちよじょ1703-1775)である。朝顔の歌が有名な俳人でもある。
この歌の意は、「朝、水をくもうと井戸に行くと、井戸のつるべに朝顔のつるが巻き付いていて、それを外して水を汲むのは忍びないから、近所で水をもらうことにしよう」といったものだ。夏の風情を感じる個人的に好きな歌の一つでもある。
そして、我が家のハイビスカスと共に育ち花を咲かせた朝顔は、今も毎日花を咲かせてくれている。
しかし、写真を撮るときにふと気づいた事がある。お互い顔を背けてるから、仲良いと思っていた私の考えとは裏腹に、実は仲悪いのかな?答えはいかに。


  朝顔に 枝を取られて そっぽむく (筆者)

d0058658_21472976.jpg

[PR]
# by ikkokukandesu | 2017-07-10 21:53 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

直方市の銘菓 その2

 先日、おばさんが(祖母の妹にあたる)が、大石の成金饅頭を送ってくれた。地元だとかなりの有名品なのだけど、まあとにかく美味しいのである。
 白あんの豆がこりこりほくほくと。そして何よりも大きいサイズのボリューム感。今回は、大きいものを送ってもらったのだけど、文庫本と比べても大きさが分かる。中にぎっしりつまったあんこに喜びは隠せない。とても美味しい贈り物だった。
 おばさん、ありがとうございました。


大石本家のHP

d0058658_0344325.jpg

d0058658_034543.jpg

d0058658_0345935.jpg

[PR]
# by ikkokukandesu | 2013-09-11 00:37 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

直方市の銘菓 その1

 お盆に福岡に帰省していたときの話。祖父が入院している病院(宮若市)へ向かうと途中、小竹町を通過していくのだけれど、途中にジャーマンベーカリーというお店の前を通過する。ベーカリーと名乗っているが、売っているのはシュークリームがメインのお店である。直方市のアーケード街にあるお店と、その後出来た小竹町の2店舗を構えている。直方市の方は、1932年創業のいわゆる老舗である。
 ここで少し直方市について触れておく。直方市は、筑豊地方が炭鉱で栄えた時代に、石炭の問屋的な街として栄えた場所であり、炭鉱が栄えていた自分は相当な賑わいであったようである。そうした中、疲れた身体にではないだろうが、この地方はお菓子屋さんが結構有名でもあったりする。その一つとして、このジャーマンベーカリーもそうだが、別項で述べる成金饅頭なんかも、今も変わらず有名なお菓子である。また、直方市は私が幼少期を育った場所でもある(補足w)。

 さて、話を戻そう。この小竹町のジャーマンベーカリーなのだが、シュークリームが売り切れたら閉店なのだ。そして、案の定、夕方近くにお店の前を通ると、いつも閉店前に店が閉まっているほどの人気商品がこのシュークリームである。
 そこで、お昼に通過した際、まだお店が開いていることを確認しおやつに購入した。小さい頃とかの、過去に食べたことあるのだろうけど、あまり記憶に無かったので改めて食す。味はと言うと、昔ながらという言葉がぴったりな味。カスタードも、僕の幼少期に家で母が作ってくれたような味。コンスターチを使って作っているみたいで、なるほど懐かしい味なのである。
 シンプルなものほど美味しいという言葉がぴったりな、美味しいシュークリームであった。


直方店の食べログ
小竹店の食べログ


d0058658_0202395.jpg

d0058658_0203227.jpg

[PR]
# by ikkokukandesu | 2013-09-11 00:25 | 食べ物 | Trackback | Comments(0)

『銀の匙』 中勘助 著

 先日、中勘助の『銀の匙』をふと読み直した。ずいぶん前に読んだときは、それほと印象に残ってなくてなんか読み終えた感じだった。深夜に同名のアニメをやってたこともあって、小説をなんとなく読み直してみようという気になったのである。

 冒頭部は、回想録風な作品で、こんな感じだったなぁって読み進める。ただ、この作品のすごさは作者の幼年から少年期の自伝的作品なんだけれど、読み進めると筆者の心の言葉がじわじわと伝わってくることにある。最後まで読み終わったとき、すごく読み終えた満足感に浸れる作品なのである。
 このことについて、和辻哲郎氏が解説を書いている。

 「『銀の匙』には不思議なほどあざやかに子供の世界が描かれている。しかもそれは大人の見た子供の世界でもなければ、また大人の体験の内に回想せられた子供時代の記憶というごときものでもない。それはまさしく子供の体験した子供の世界である。子供の体験を子供の体験としてこれほど真実に描きうる人は、(漱石の語を借りて言えば)、実際他に「見たことがない」。大人は通例子供の時代のことを記憶しているつもりでいるが、実は子供として子供の立場で感じたことを忘れ去っているのである。大人が子供をしかる時などには、しばしば彼がいかに子供の心に対して無理解であるかを暴露している。そういう大人にとっては、人の背におぶさっているような幼い子供の細かい陰影の描写などは、実際驚嘆に価(あたい)する。ああいうことは、大人の複雑な心理を描くよりもよほど困難なのである。こうなると描かれているのはなるほど子供の世界には過ぎないが、しかしその表現しているのは深い人生の神秘だと言わざるを得ない。 昭和十年 和辻哲郎」 (岩波文庫 引用)

 
 この作品を読むと、何とも言えない不思議な感覚があった。話にとりわけて起承転結があるわけでなく、たんたんと書かれているのに、惹かれていく何かがあるのである。それは、主人公の成長と、主人公に愛情を注いでいた伯母さんの交流が絶妙に描かれてるからなんだろう。最後、伯母さんと再会する場面は、よくあるパターンの話なのに、なぜか格別心に響く。それは、主人公がそれくらい伯母さんを慕っていたからであり、伯母さんも絶大な愛情を注いでいたからであろう。
 最後の一字を読み終えたとき、『銀の匙』という作品のすばらしさが収束される、そんな一冊である。
[PR]
# by ikkokukandesu | 2013-09-05 22:37 | 読み物 | Trackback | Comments(0)
 小学校頃、教科書に載っていた『手袋を買いに』や『ごんぎつね』を読んで記憶に残っている人も多いだろう。その作者である新美南吉が生まれて今年はちょうど100年だそうだ。
 新美南吉は、1913年7月30日に愛知県知多郡半田町岩滑(ちたぐんはんだちょうやなべ:現半田市)に生まれた。学校の教員の経歴を持つ彼であるが、結核のために1943年3月22日に29歳の若さで亡くなった。
 彼の作品には、地元の名称などがそのまま使われていたりして、郷土と密着した作風に親しみがわく。今でこそ有名な、『手袋を買いに』や『ごんぎつね』であるが、これは彼が亡くなった後出版された童話作品である。それらの作品も心に残る素晴らしい作品だが、彼の生前に出版された唯一の童話集『おぢいさんのランプ』(1942年有光社)に所収されているタイトル作品『おぢいさんのランプ』が、個人的に好きな作品だ。ちなみに、有光社から出版された本は、絵がかの有名な棟方志功である。
 『おぢいさんのランプ』は、おじいさんが孫の東一に昔話をするスタイルの作品である。昔話の時代は日露戦争頃である。文明が田舎の村に入ってくる頃の話なのだが、昔話のラストがすごく印象に残る作品だ。時代と共に生きた巳之助の生き様がとても引き込まれる、新美南吉の秀逸作品であると思う。

※出版当初は『おぢいさんのランプ』だったので、「おじいさん」は「おぢいさん」とした。


   夢と未来 過去をも照らす ランプかな


新美南吉記念館HP
おじいさんのランプ』青空文庫
[PR]
# by ikkokukandesu | 2013-08-05 00:45 | 読み物 | Trackback(1) | Comments(0)

木曽路(その2)

 さて、中津川市の資料館で話を伺った翌日、更に中津川市を北上して長野県木曽郡木曽町開田高原末川まで調査にいってきた。途中、馬籠宿にも寄りたいとは思ったけど、今回は目的地も遠いし寄り道は諦めた。馬籠宿は旧街道沿いにあるので、国道19号を通っていると少し寄り道をしなければならない。なぜ寄りたかったかというと、小説『夜明け前』の作者島崎藤村の出身が馬籠であり、舞台がそこなのである。また今度訪れようと思いながら、北上していく。
 旧中山道は、本当に山の中を通っている。どんなところかは、『夜明け前』の冒頭に示されている。木曽路を通るとき、この小説を読んだことがあれば当時と今の比較が出来てとても面白い。車を走らせ、地名を眺めつつ楽しみながら木曽路の山の中を抜けていった。


 木曾路(きそじ)はすべて山の中である。あるところは岨(そば)づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。
 東ざかいの桜沢から、西の十曲峠(じっきょくとうげ)まで、木曾十一宿(しゅく)はこの街道に添うて、二十二里余にわたる長い谿谷の間に散在していた。道路の位置も幾たびか改まったもので、古道はいつのまにか深い山間(やまあい)に埋(うず)もれた。名高い桟(かけはし)も、蔦(つた)のかずらを頼みにしたような危(あぶな)い場処ではなくなって、徳川時代の末にはすでに渡ることのできる橋であった。新規に新規にとできた道はだんだん谷の下の方の位置へと降(くだ)って来た。道の狭いところには、木を伐(き)って並べ、藤づるでからめ、それで街道の狭いのを補った。長い間にこの木曾路に起こって来た変化は、いくらかずつでも嶮岨(けんそ)な山坂の多いところを歩きよくした。そのかわり、大雨ごとにやって来る河水の氾濫が旅行を困難にする。そのたびに旅人は最寄り最寄りの宿場に逗留して、道路の開通を待つこともめずらしくない。
 【島崎藤村著『夜明け前』冒頭より】


 木曽郡木曽町を目指す途中、木曽郡大桑村にある「道の駅大桑」に立ち寄る。ここで目について注文した牛すじうどんが本当に美味しかった。空腹は最良のスパイスとはいうけれども、思いの外たっぷりと入った牛すじのボリュームが、普通の肉うどんよりはるかに美味しかった。個人的にかなり気に入った一品であった。
 その後目的地では、お寺さんやら地域の人達に多くの話をしていただき、大変有意義な一日となった。昼を過ぎると涼しい風が吹き抜けるそんな木曽路での調査と相成ったのであった。おしまい。


   川べりの木曽路を抜けし夕涼み
              こはいかがぞと ひぐらしの声

道の駅大桑公式サイト
小説『夜明け前』青空文庫より(作品38~41)
木曽観光連盟のHP(ここに中山道について紹介があります)

d0058658_171351.jpg
絶品「牛すじうどん」
d0058658_1764423.jpg
道の駅大桑前 空の青に雲がよく映える
d0058658_1765094.jpg
開田高原末川観光案内所前
d0058658_1765648.jpg
帰り道 大桑スポーツ公園そばの橋より
[PR]
# by ikkokukandesu | 2013-08-03 17:26 | ぶらっと | Trackback | Comments(0)

木曽路(その1)

 先月末、岐阜県中津川市に調査で何度か訪れた。現在の中津川市は、中山道六十九次のうちの、馬籠宿(まごめじゅく)、落合宿(おちあいじゅく)、中津川宿(なかつがわじゅく)の宿場町があった場所である。
 中山道歴史資料館にも立ち寄った。中山道についてとは別件で職員の方と話をしてたのだけど、ふと話が島崎藤村の『夜明け前』の話になった。ずいぶん前に、流し読み程度でしか読んだことがなかったのだけど、「実はあの登場人物はあそこの人でね」などなどと話を聞いていると、『夜明け前』の世界だと本題からそれて話に聞き入ってしまった。改めて、また読み直さないといけないな。
 ある程度、調査も終わっていたので、近くの町並みを少し探索。情緒ある町並みであった。

中山道歴史資料館HP

   いくひとぞ 通りすぎけり 夕涼み

d0058658_1647582.jpg
d0058658_1648656.jpg

[PR]
# by ikkokukandesu | 2013-08-03 16:55 | ぶらっと | Trackback | Comments(0)

日常の戯れ言を徒然と・・・


by ikkokukandesu